経理の効率がグンと変わる!?新時代の会計ソフト

領収書などの確認がしやすい

経理の仕訳をするとき、必ず仕訳の元があります。経費を使ってお金を払いだしたなら、領収書があります。売上で現金が入るなら、売上伝票などが必要になります。これらは書類で渡されるので、別途綴じて保存をしておきます。後で確認をしたり、税務調査が入るときなどには、これらの書類を提出しないといけません。以前は原本しか認められていませんでしたが、最近は電子化が少しずつ認められています。領収書などをデータ化して、それを証拠資料にできるようになりました。便利な会計ソフトでは、仕訳と証拠書類が紐づけできるようになっています。これまではわざわざつづりを見直していましたが、これからはソフト上で仕分けの証拠をチェックできるようになります。

消込作業が楽になる機能

商品を販売した時、ビジネスでは掛で行います。販売してすぐにお金を受けるのではなく、一定期間空けてから入金してもらいます。タイムラグができるので、その間は売掛金として帳簿上に記録します。仕入れや経費を支払うときも、買掛金などとして記録しておきます。この時、入金や支払いをしたらそれらの売掛金などが消えますが、どの入金があったかの消込をしないと何が残っているのかわからなくなります。会計ソフトの便利な機能として、消込作業が楽になるものがあります。入金は多くが銀行振り込みです。支払いも銀行で行うでしょう。これらのデータを活用して、取引先のデータや金額などから自動的に消込ができます。経理の業務を劇的に楽にしてくれます。