自分に合った会計ソフトの選び方

会計ソフト導入の費用から考える

会計ソフトの導入のポイントはいくつかありますが、始めに費用のことを考えた方がいいでしょう。会計ソフトには、パソコンにインストールするパッケージ型とブラウザ上から利用するクラウド型があります。
導入費用が安く済むのはクラウド型です。機能の限定されているものは無料で使えるものもあり、安い月額料金制で利用ができます。しかし、その後は月々の月額料金が発生します。
パッケージ型は、導入費用はクラウド型よりも高くなりますが、パソコンにインストールするとアップデートの費用以外は料金は発生しません。
トータルで考えた場合、どちらが安くつくのかを比較して選択していくといいでしょう。
導入にかかる期間にはそれほど違いはありません。パッケージ型はオンライン上からダウンロードできますし、クラウド型は会員登録をするとすぐに使えるようになります。

機能からふさわしいものを選ぶ

会計ソフトは、事業規模も考えて導入する必要があるでしょう。個人事業主や比較的規模の小さな会社に多様な機能が付いている会計ソフトは、オーバースペックになることも考えられます。
くわえて、必要な機能からソフトを選ぶのもいい方法です。会計業務は日々行うものなので、便利な機能があるソフトは重宝します。銀行口座やクレジットカードの取引記録を自動的に仕分けする機能や、レシートをスマートフォンで撮影すると自動登録できる機能などがあります。標準的な機能のほかに、どのような利便性の高い機能があるかを見て使い勝手の良いものを選ぶといいでしょう。
さらに使いやすさも重要なポイントです。会計には簿記の知識が欠かせませんが、どのレベルまでの知識を要するソフトなのか見極める必要もあるでしょう。無料のお試し期間を設けている会計ソフトが多いので、実際に使用して判断していくといいでしょう。