初心者でも簡単な会計ソフトとは?

仕訳を知らなくても入力ができる

経理部に入るときは、簿記の勉強をしておくと良いとされています。会社では、お金の動きはすべて取引ととらえます。その取引をデータ化するときに仕訳が必要になります。販売をしてお金を受け取れば、現金を借方にして売上を貸方にするなどのルールがあります。ただし、会計ソフトを使う人すべてが簿記の知識があったり、経理の知識があるわけではありません。通常は簿記の知識がないと使えませんが、初心者でも使えるタイプなら使えるかもしれません。それぞれの会社ではよく出てくる取引があります。それを摘要として登録しておき、それを選択すると自動的に仕訳をしてくれます。売上を現金入金などの摘要と仕訳が連動されているので、簿記の知識がなくても使えます。

銀行やクレジットカードデータを自動入力

銀行では、ネット銀行ならネットを通じて取引ができます。都市銀行でもネットでの取引ができるので、ネット銀行と変わりません。明細などもネット上から確認できるようになっていて、明細データはテキストデータとしてダウンロードできます。クレジットカードデータなどもダウンロードできるようになっています。初心者でも使いやすい会計ソフトとしては、銀行やクレジットカードのデータを使って自動入力できるタイプでしょう。銀行によってフォームが異なるので多少の調整は必要ですが、一度調節をすると後はデータを取り込むだけです。日付や科目、摘要なども自動的に入力してくれるので、数字を入力する必要がありません。人が入力するとミスが出やすいですが、ミスを無くしてくれます。