自分に合った会計ソフトの選び方!

フリーランスにはクラウド型の会計ソフトがオススメ

フリーランスなど個人事業主の場合はインターネットからログインして使うクラウド型の会計ソフトがおすすめです。
クラウド型は、ネット経由で使用するため、専用ソフトのインストールや設定が不要であり登録すればすぐに使用することができます。対応しているものはWindowsやMacなどのOSだけでなく、スマートフォンやタブレットといった機種も問わずに使用できるのもメリットです。
近年のクラウド型会計ソフトは帳簿づけをはじめ、収支のグラフ化、確定申告の準備など様々なものを一人でおこなえるようになっており、インターフェイスも工夫されているので初心者でも安心して使うことができます。特に確定申告については税務署に提出する書類が自動で作られるなど力を入れているのが特徴です。

法人の場合はパッケージ型の会計ソフトが良い

従業員を雇って事業を行っている法人の場合はパソコンなどに専用ソフトをインストールして使用するパッケージ型の会計ソフトがオススメです。パッケージ型の会計ソフトのメリットとして「完成度が高い」ということがあります。シンプルな入力方法を提供するだけでなく、各操作の反応の速さ、設定変更の幅広さなど使う人にとって必要なものが一通りそろっており、事業で頻繁に発生する会計作業を快適にしてくれます。
パッケージ型の会計ソフトはインストール時に購入代金を支払いそれ以降は原則として追加料金は発生しません。そのための帳簿の上でも月々の使用料とかを気にしないで住むのも魅力です。ただし会計ソフトがアップグレードして、それを導入する場合は購入料金を支払うことがあるので注意してください。